背中ニキビ 石鹸

学生の時のニキビについて

学生の時は、とてもルックスが気になってしまう時期なのですが、その時にニキビに悩んでしまっていました。

ニキビが気になってしまうので、自宅に帰るとニキビを触ってしまったり、ニキビを潰してしまうことがありました。

その時はニキビの適切な治療方法が分かりませんでしたので、ニキビを潰すとなくなると思ってしまっている時期がありました。

ニキビを潰していると、ニキビ跡が出来てしまいます。

クレーターのようになってしまって、肌がボコボコになってしまうことがありましたので、ニキビを潰して後悔することもありました。

洗顔をしっかりとして、あまりニキビに触らないようにしていますと、ニキビは自然と治っていきました。

清潔にしてもニキビができる

中学生のころにニキビで悩んでいました。清潔第一だと思って、洗顔を丁寧にして市販薬を塗っていました。

けれどニキビは出来続け、皮膚科に通っても、一向によくならないまま時間だけが過ぎて行きいました。ドラッグストアで、ゴマージュタイプのパックを見つけ、ダメもとで使ってみることにしました。

膿んだニキビの周りは避けて使うようにしたところ、だんだんとニキビが減ってきました。今なら、肌表面の角質をこすり落とすことでピーリングと同じ効果が得られていたんだと分かりますが、当時はただニキビが減ってきたことが嬉しくて仕方ありませんでした。

肌表面の不要な角質を取り除くことが、ニキビを早くなおす方法なのかもしれません。

ニキビができやすいです

私は十代の時から、ニキビができやすいです。

大人になったら、今度は「大人ニキビ」ができやすいです。

ちなみに、十代の時は、自分で自由になるお金がなかったので、

洗顔するしかなかったです。

洗顔だけだと、全くと言っていいほど、ニキビ予防にならなかったように思います。

大人になって就職して、自分でお金を自由に使えるようになって、

私はすぐ、ニキビ用化粧水を買いました。

それは、DHCのニキビ用化粧水です。

友達が、「DHCのは安くて良いよ」と言っていたので。

そして、そのニキビ用化粧水を1日何回も、ニキビができやすい部分にだけつけました。

すると、だんだんニキビができにくくなってきました。

自分に合うニキビ用化粧水と出会えてよかったです。

背中ニキビ対策はコチラ